| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

2006/11/25: テンションロッドブッシュ交換

テンションロッドブッシュを交換した。
届いた部品は以下のものなのだが、それぞれ数量1の注文でブッシュは2コ、リテーナーも2コ入っており、さらに48674-19058(単純な山型)のほうにはナットとワッシャーがひとつづつ同梱されていた。どうせなら2つ同梱してほしいところだが、サービスなのか?
48674-19058のほうにナットとワッシャーが同梱ということから、48674-19058(単純な山型)を内側にし、48674-29045(中心に溝あり)を外側(タイヤ側)に使うようこれまでとは変更した。
なお、規定の締め付けトルクは10kgほどなのだが、リテーナーにワッシャーが噛み込んでリテーナーが一部めくれていたのを見て8〜9kgほどにしておいた。思うのだが、ここはトルクレンチの数値設定に頼らずに、ナットから出るボルトの長さで締め付け具合を確認した方がいいかもしれない。ブッシュを介してつけるナットは締め付け時に動きが出てしまって正確なトルク管理が難しい。

48674-19058:クッション ストラットバー LH(単純な山型)
48674-29045:クッション ストラットバー RH(中心に溝あり)
このパーツリストに記載のあるLHとRHだが、素直にこれで組むと絶対に左右差が生まれるはず。といいつつ今回の組み方であっているのかもわからない。ま、うまく走ってくれればそれで良い。ちなみに、8512-8512対応の48674-12040と48674-22060も購入してみたが、こちらは数量1の注文でブッシュが1コのみだった。

それと、ピロテンデョンロッドに変更しようかと思い、AE86のテンションロッドを入手しZ10系ソアラのテンションロッドと比べてみたのだが、ロッド径や長さは良いのだが、ロアアームに入るボルト間のピッチが違った。安価で豊富なAE86用のピロテンションロッドが流用できるかと思っていたのだがだめだった。

"テンションロッドブッシュ交換"に関連すると思われるアイテム



  
 
なぜかというと西日をくらった状況では、前のクルマのシルエットがさらに前を走るクルマのシルエットと一体になってしまい位置関係がわからなくなる、テールが認識しづらくなり、車間距離がはかりづらくなるからである。西日の中なぜだか知らないがスモールつけてるクルマの少ない事少ない事。後ろ... 続きはこちら