| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

2005/11/04: 渋滞最後尾はハザード点灯に加えて車間を空ける

渋滞を認識した場合、自分のクルマが最後端である場合は、さらに自分の後ろのクルマが渋滞をキチンと認識し速度を落としたのを確認できるまでは前のクルマとの車間を十分にとるべき。そのようにしておけば、後ろのクルマが渋滞を認識せずに突っ込んできた場合等にも対処できる可能性が残せるし、万が一つっこまれても多重追突をさける事ができると考えます。ぴたっと渋滞の最後端について優良ドライバー気分でハザードたいて、はいお終いでは困るのだ。

見通しのよい直線路の渋滞であっても、居眠りしていたり、飲酒運転だったりでつっこんでくるクルマというのはほんとに多く、事故になるケースが多いのだから、ブラインドのコーナーの先で渋滞になっている場合等はなおさらである。ブラインドのコーナーの先の渋滞であれば、可能ならばコーナー手前までバックしてやるのもアリでしょう。むかーしむかし環状線なんかだといい時間帯のクルマはそうやってたんだけど、最近はね。
また、困るのが渋滞の最後尾についたにもかかわらず、隣の芝が青く見えるのか、いつのまにか後ろからいなくなって隣の車線に移動する事。小さなクルマの場合はまだいいが、大きなワンボックス車等がこれをやると、その大きなワンボックスの後ろを走ってきたクルマにしてみれば、前のクルマがどいたとたんに渋滞の最後尾がいきなり目に入ってくるということにもなりかねず、非常にこわいし、自分の位置はすでに渋滞の車列の中と認識していたクルマにとっても、気がついたらハザードもつけずに渋滞の最後尾にさらされているという事にもなる。

"渋滞最後尾はハザード点灯に加えて車間を空ける"に関連すると思われるアイテム

関連するアイテムはありません



  
 
前のクルマに前ならいして走行するクルマが多いが、直前のクルマの動きしか見えなくなってしまうのだから、こんなことやっててカマ掘っちゃうのは当然である。車線幅を有効に使って数台前の動きが見える位置に自分のクルマを走らせるべき。おかしなのになると、せっかくこっちがクルマ半身ずらして... 続きはこちら