| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

2007/10/06: ヒーターバルブ?、ヒーターコア?、冷却水漏れ発生

都内からの帰り道目黒通りあたりからなんだか100度を超える水温におかしいなぁと思いながらも走行を続けたのだが、ガレージに戻って、なんかシュージュルージュルーと漏れてるような吹いてるような音がしてるので、見てみるとヒーターバルブが詰まったのか固着したのか、ヒーターバルブの円盤部分直下より冷却水漏れをおこしていた。
ガレージに戻り、冷えたところで水を足してみたが結局冷却水を4リッターほど垂れ流してしまっていたらしい。おまけに上がった水温を下げようと夏でもあまり使わない冷却ファン全開スイッチを入れたのだがファンの油圧ホースからフルード漏れを起こしてしまった。この油圧ファンのホースはこないだのパワステホース修理と同じように汎用の高圧ホースで修理してみようと思う。
ついでにというかなんというか、ヒーターバルブを外す際にコネクターをはずしそこねて配線を片方ちぎってしまった。というかちぎれてたのか、ちぎっちゃったのかわからない。
やらなければいけない修理ポイントがいっきに3つにもなってしまった。

ヒーターバルブの円盤直下から漏れてるような気がしたので、アレレと思いながらもヒーターバルブをばらしてバルブを動かしてみたり、再度組んでドライバーで動かしてみたりしたのだが、特に固着してるとか言う感じもない。円盤直下から漏れたように見えただけでじつはホースにピンホールでもあったのだろうか、それともヒーターバルブ以降エンジン間、ヒーターコアにつまりが出て冷却水がヒーターバルブのところであふれたのか?

"ヒーターバルブ? ヒーターコア? 冷却水漏れ発生"に関連すると思われるアイテム

関連するアイテムはありません


この日から前月の頭までの部品交換修理

From:2007-09-01 00:00:00 ~ To:2007-10-06 15:15:00 (by NP_WhatDidYouEat)



  
 
渋滞を認識した場合、自分のクルマが最後端である場合は、さらに自分の後ろのクルマが渋滞をキチンと認識し速度を落としたのを確認できるまでは前のクルマとの車間を十分にとるべき。そのようにしておけば、後ろのクルマが渋滞を認識せずに突っ込んできた場合等にも対処できる可能性が残せるし、万... 続きはこちら