| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

Archives of TODAY

トラブルの兆候など走行中の記録及びガレージトーク

You are currently viewing archive for November 2006
現在FETの扱いとなっているKONIのショックアブソーバーだが、現ウェブサイトのリストにないものも受注生産という形で購入可能ということがわかった。納期の方はちとかかるらしいが、価格はAE86リアの80-2437 SPORTSが15225円、AW11の8641-1142 SPORTSが27825円と現行ラインと変わらずなのでありがたい。
思えばクルマをいじりだした頃は、TRDやKYB等一般のショックが伸び縮みとも変化するのに対し、KONIの伸び側のみの調整というのがだめなものと誤解していたが,これがトーンでもない間違いであると気づいた時には遅かった。次はKONIのショックアブソーバーでいってみようと思う。

KONIのショックアブソーバー

KONI SHOKS
インナーサイレンサーつけてるクルマって多いなぁと思います。しかし、インナーサイレンサーつけてるとマフラーの音ってものすごくしょぼい。あんなのつけて走るくらいなら中間サイレンサーでも,メインサイレンサーでもやりなおしたほうがいい。また、それ外すことあるの?と尋ねてしまいたくなるようなクルマが着けてる時がある。気の迷いでマフラー交換でもしてみて失敗しちゃったのかな。

スポーツマフラーサウンドのお悩み解決 インナーサイレンサー
どうもボディのゆがみがここのところ気になってきた。
なんかボディ右側が上がっているというか、右リアが上がってるのだ。この症状に気がついたのは随分前で、ガレージでフロアジャッキで上げたり、リジッドラックにかけたりする際に、床からの離れ具合やリジッドラックへのかかり具合等で気がついた。長らくは、こういったジャッキアップ作業の際に気になるだけで、1G着地状態ではさほど気にならなかったのだが,ロールバーの溶接や追加、リアサスペンションの改造等を行って以来、症状が進んだようで、車高を上げた現在ではリアタイヤとフェンダーの隙間が左右で明らかに指一本程は違ってみえる。
実際、そういう状態では、ちょっとやばくて、左カーブで踏んでるのに左側に向かってリアがブレイクしたりするので、結構ひえぇーなんてことになるのである。
これはなんとかしないとなぁと色々調べてみると、ボディアライメントという言葉を見つけ、そういったショップを色々調べてみたのだが、よく使われる3次元測定とかいうのがあり、これで測ればばちっとどこがどうおかしくなっているのかキッチりと数値でわかるらしい。

» 続きはこちら