| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

2006/08/11: ハンチングが再発

ここ2週間はエンジン始動前にチャコールキャニスターのホースを抜いておくという処理を行うということで、エンジン始動や走行には全く問題がなかったのであるが、今日はエンジン始動させたら、ちょっとアイドリングが高いまま下がってこず、多少気になったが出かけた。
ビーバートザンで買い物を済ませ、コンビニ、書店とまわってここまでアイドリングは1000回転程と高いが、それ以外は普通に走行してきたのだったが、最後の書店でエンジンをかけたらハンチング状態になってしまった。気温が暑いのと、昨日ガソリン給油をしてガスの揮発が高いのかとキャニスター経路のホースを外そうが変わらず、再始動しようが、5、6分おいてみようが直らない。
あきらめて走り出してみるも、ハンチングしている回転域より上は燃料カットされてしまい、スロットルをあけて走行する事が出来ない。エンジン回転が勝手に上がり、ハンチング領域の上迄くるとアクセルをオフにしたようにエアクリーナーへの吹き返しの音とともに回転が落ちるというのを繰り返すばかりだ。そんなんでしかたなくハンチングを抱えたままガレージに戻った。
アイドリング異常の原因がチャコールキャニスターの劣化だとほぼ特定していた段階でのハンチング発生だっただけにちょっと頭を抱えている。

"ハンチングが再発"に関連すると思われるアイテム

関連するアイテムはありません


この日から前月の頭までの走行中の記録

From:2006-07-01 00:00:00 ~ To:2006-08-11 17:00:00 (by NP_WhatDidYouEat)


この日から前月の頭までのメンテナンス

From:2006-07-01 00:00:00 ~ To:2006-08-11 17:00:00 (by NP_WhatDidYouEat)


この日から前月の頭までの部品交換修理

From:2006-07-01 00:00:00 ~ To:2006-08-11 17:00:00 (by NP_WhatDidYouEat)



  
 
なぜ、どうしてバイクは何のためらいもなくハイビームを常用するのか、これもうほんとに謎です。 単車乗りの方のウェブサイトでハイビーム常用の是非を扱っていたところがあったが、そこでみられたハイビーム常用の理屈の多くが「ハイビームにしていないとクルマに認識されにくいから」というもの... 続きはこちら