| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

2006/07/29: ほぼチャコールキャニスターが原因だが、燃圧低下があった

27日から冷間時始動前にはキャニスターにつながるホースを一旦外してひと呼吸おき再装着というのを欠かさずやってみたが、アイドリングがやたらと高くなることもなく正常に始動するようになった。始動直後の燃圧の方も確認すると正常。やはり原因はチャコールキャニスターで間違いなさそうだが、部品がくるのが来週なのでそれまでこのやり方で我慢する。
ただ、今日はビーバートザンまで買い物にいった帰りに一度アイドリングが500回転程に落ち込み、いくつか後の信号停止では1050回転程に高くなり、信号停止中に落ちてきたなと思ったが970回転程までで、そのままガレージまで。ガレージで数分様子を見ると700回転に戻った。
で、気になるのは970回転程のときに燃圧が1.8ほどに落ちていたのだ。ガレージに戻ってアイドリングが正常になったときはこれも正常の2.0と、一時的に燃圧が低下したわけだ。この燃圧の症状は初めてである。

"ほぼチャコールキャニスターが原因だが 燃圧低下があった"に関連すると思われるアイテム

関連するアイテムはありません


この日から前月の頭までの走行中の記録

From:2006-06-01 00:00:00 ~ To:2006-07-29 19:15:00 (by NP_WhatDidYouEat)


この日から前月の頭までのメンテナンス

From:2006-06-01 00:00:00 ~ To:2006-07-29 19:15:00 (by NP_WhatDidYouEat)


この日から前月の頭までの部品交換修理

From:2006-06-01 00:00:00 ~ To:2006-07-29 19:15:00 (by NP_WhatDidYouEat)



  
 
AT車は交通量の多い所を走る時はオーバードライブをオフにするべき。大半のAT車のドライバーはドライブに入れっぱなしでオーバードライブも常にオンにしてる。そもそもオーバードライブのスイッチすらわかっていない方が多い。こうなると、アクセルを抜いてもエンジンブレーキがあまりかからず、意... 続きはこちら