| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

2005/09/03: アイドリング異常直ってねー

だめ、直ってない。
今日の始動時はアイドリングが500回転ほどと低く、最初の信号待ちでストールした。次第にアイドリングはもどったが、次第に800回転ほどと高くなった。この症状は以前にも出ている。
走行は問題なくできたので厚木で所用をすませガレージまでもどり、一度燃圧を大気圧2.5に調整。その後小田原まで西湘バイパスをいくと小田原出口でのアイドリングは1000回転となっていた。その後所用をすませまた復路となるが、西湘バイパスをおり、スーパーで再始動したところ、アイドリングが1400回転となっていた。しかも信号待ちの間に1700回転ちょっとまであがってくる(信号待ちの度に再現性あり)始末で、ガレージに戻る前に一度エンジンを切ってみたが変化なくそのままガレージに戻った。
3000回転とか異常に高いアイドリングとハンチングこそでないが、一日のはじめのエンジン始動時にアイドリングが低いということはISCVが開いてない?、で高アイドルとなるのはISCVが開いて空気を入れてしまうからなんだろうか。適正アイドルをきめるのにISCVの開度のステップ位置を記憶するが、これが乗るたびに加算されていって、やがてアイドル3000回転、ハンチングなどにつながるのだろうか。センサーがおかしいのもあるんだろうけど、それだけじゃないみたいである。明日のエンジン始動でチェックしてみようと思う。やっぱりコネクタや配線をしっかりチェックすることやO2センサー交換とかが必要である。


"アイドリング異常"に関連すると思われるアイテム


この日から前月の頭までの走行中の記録

From:2005-08-01 00:00:00 ~ To:2005-09-03 18:56:00 (by NP_WhatDidYouEat)


この日から前月の頭までのメンテナンス

From:2005-08-01 00:00:00 ~ To:2005-09-03 18:56:00 (by NP_WhatDidYouEat)


この日から前月の頭までの部品交換修理

From:2005-08-01 00:00:00 ~ To:2005-09-03 18:56:00 (by NP_WhatDidYouEat)



  
 
AT車は交通量の多い所を走る時はオーバードライブをオフにするべき。大半のAT車のドライバーはドライブに入れっぱなしでオーバードライブも常にオンにしてる。そもそもオーバードライブのスイッチすらわかっていない方が多い。こうなると、アクセルを抜いてもエンジンブレーキがあまりかからず、意... 続きはこちら