バルブをつかってマフラーの音量調整を行おうとやってみたレゾネーター。仕組みは排気経路の途中で分岐させ外に排気させずに行き止まりにするブランチ型レゾネーターなのだが、この位置とこのサイズでは思った通りの効果は出なかった。
作る前はスイッチ1つで完璧消音ステルスかというほどの効果を狙った色々考えてやってみたが、ちょっとこれは失敗した。バルブを開けると確かに音量は下がるのだが、静かになったというにはほど遠い。
それでも自宅ガレージに戻る時、行きつけのお店に行ったさきでは静かになったといわれるので、多少は静かになったのだろうとは思うが、ノーマルのセルシオ級の静かさを目指したので、現時点ではダメ、フランジをつけて容量拡大もできるのでおいおい試行錯誤しながらいじっていこうと思う。