| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

Archives of TODAY

トラブルの兆候など走行中の記録及びガレージトーク

You are currently viewing archive for January 2007
20数年前に取り外しストックしていた純正マフラーをオークションにかけたら買い手がついた。ガレージにつっていた純正マフラーをカバーしていたビニール梱包には20数年分のホコリが積もっており、袋から出したとたんにマフラーがぼろぼろと崩れるのではないかという気さえした。で、純正マフラーの梱包を発送に向けて行ったのだが、恐ろしく大変だった。なにせサイズがでかいというか長い、2m20cmは有にある。こんな大物を梱包するにはまず長さをカバーする大きな段ボールが必要だ。こればかりはしょうがないのでなんとか用意するが、素直にそんな長さの段ボール等ないので複数個の段ボール箱をつなげるしかない。段ボール同士もPPバンドでつなげてやれば良い。
それが用意できたらマフラーを中に納めるのだが、ごろんと入れてステー等が曲がっては大変だし、クッション材等を入れていてはいくらコストがかかるかわからないので、段ボールのいくつかの面に切り込みを入れPPバンドで固定してしまうのが一番良い。あとは箱がつぶれないように小さいサイズの段ボール箱を隙間埋めにいれてやればおしまいである。写真でも取っておけば良かったのだが、疲れててそれどころではなかった。
ガレージ放出品としていた柿本改ハイパー80マフラー、タナベH150スプリング、純正ストラットの購入者さんが決まったので、これらをお渡しする前にメンテナンスした。
柿本改ハイパー80マフラー、タナベH150スプリングについてはリューターにフラップホイールをつけて錆び落としし、マフラーは柿本改の純正色と同じ耐熱600度の黒スプレーを2本使って再塗装、スプリングは普通の黒でぷっしゅーっとやってやったら新品かよというようなルックスになった。それにしてもリューターはエアの喰いが激しい。うちのエアコンプレッサーではちょっと勢い良く回してやるとすぐにコンプレッサーが稼働する。結構エアは絞ってたのだが、サブタンクでも使った方が良さそうだ。それとフラップホイールの目詰まりが結構早く、時折はたいて使わないと落としたサビを再度擦り込むようになってしまうので注意が必要。
スピンドルに浮き錆のあった純正ストラットも、純正ショックアブソーバーがついたままだったため、リングナットを外すのに苦労したが、そういえばオイルショックだなと思いバーナーでストラット上部をあぶってやったらあっさり外れた。心配していたスピンドルも深いサビは無かったようで結構きれいになった。
いってみればZ10系ソアラ用スペシャルパーツセットだな、これは。大事にしてくれるとありがたいです。それにしてもつや消し黒のマフラーってやはりかっこいいな。

» 続きはこちら