| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

Archives of TODAY

トラブルの兆候など走行中の記録及びガレージトーク

You are currently viewing archive for December 2006
中古ガレージ機器屋さんとかを覗くとある2柱リフト。中古だと十数万円程だったりしてちょっと欲しいかもとか思ってしまう。しかし、ほんとに2柱リフトは便利なのか?。素人の人でもこういった中古リフトを持ってたりするのを見かけるが、どうなんだろう。やはりリジットラックで十分でないのか、むしろリジットラックの方が良いのではないのか。
だいたい壊れて落ちてきたらどうする?、中途半端に途中で止まってそのままだったらどうする?とか考えたりするのだ。それにだ、高いところ迄上がるという事は、部品も高く上げておかないといけないし、その作業も腕をずっと上げての作業になるだろうし、余計疲れるのではないかと思ってしまうのだ。
やっぱり素人に2柱リフトはいらないか。とこの間まで思っていたのだが、リジットラックに乗せての下回りの作業時に力をかなりかけないといけないような場合、寝転がっている状態では足の踏ん張りが利かず力がかけづらいということに気がついた。ん〜難しい問題だ。あったらあったでいいのかなー2柱リフト。
部品取り車多数在庫とかいうから連絡とって話聞いてみると、素人の解体屋さんっていう場合が最近妙に多い。こういう正式な解体業者資格も持たない素人さんだと何が困るって、しっかりした解体業者なら、どんな大きくて重たい部品でも「車体から外してこそ部品になる」という感じなのか、取り外しにかかった作業工賃等のせずにバカ安で販売してくれるが、これが素人の解体業者さんだと作業経験がそもそもないのか予想もつかないような額の作業工賃をどかーんとのせてとんでもない価格でふっかけてくるから困る。
正規の解体業者さんだと五、六千円のものが、素人の解体屋さんだととんでもない外し工賃がついて五、六倍の数万円が最低ラインだったりする。それなら丸車で買えちゃうって・・・。
外して部品になってこそ価格がつくものだと思うのだけれどもなぁ。希望販売価格をうかがっても明確な返答はなく、こちらも十分に相場より高い価格を伝えてるにもかかわらず「割に合いません」とくるんだなぁ、これが。
どういう事情か知らないが部品取り車としてノッパラにどどーんと数十台在庫しつつも、工具がないのかチョロチョロした部品しか外せない人とか、はぎ取りもだめとか。どうするつもりなのかなぁとこちらが心配したくなってしまう。ニュースでみたけれどもホームレスの人が放置車両からものすごい荒い作業方法ではぎ取って出品してるケースというのも予想以上に多いようだ。