| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

2006/12/15: 素人の解体屋さん

部品取り車多数在庫とかいうから連絡とって話聞いてみると、素人の解体屋さんっていう場合が最近妙に多い。こういう正式な解体業者資格も持たない素人さんだと何が困るって、しっかりした解体業者なら、どんな大きくて重たい部品でも「車体から外してこそ部品になる」という感じなのか、取り外しにかかった作業工賃等のせずにバカ安で販売してくれるが、これが素人の解体業者さんだと作業経験がそもそもないのか予想もつかないような額の作業工賃をどかーんとのせてとんでもない価格でふっかけてくるから困る。
正規の解体業者さんだと五、六千円のものが、素人の解体屋さんだととんでもない外し工賃がついて五、六倍の数万円が最低ラインだったりする。それなら丸車で買えちゃうって・・・。
外して部品になってこそ価格がつくものだと思うのだけれどもなぁ。希望販売価格をうかがっても明確な返答はなく、こちらも十分に相場より高い価格を伝えてるにもかかわらず「割に合いません」とくるんだなぁ、これが。
どういう事情か知らないが部品取り車としてノッパラにどどーんと数十台在庫しつつも、工具がないのかチョロチョロした部品しか外せない人とか、はぎ取りもだめとか。どうするつもりなのかなぁとこちらが心配したくなってしまう。ニュースでみたけれどもホームレスの人が放置車両からものすごい荒い作業方法ではぎ取って出品してるケースというのも予想以上に多いようだ。

"素人の解体屋さん"に関連すると思われるアイテム



  
 
夜の信号待ち等で真正面でずーっとブレーキ点灯されてると、ふつうの電球でも目に残像のこっちゃってつらいのに、LEDだったりすると、もうホント眩しいったらない。ブレーキランプがLEDの車はできればマメにサイドブレーキを使うようにしてもらいたいと願うばかり。なかには信号待ちではヘッドライ... 続きはこちら