| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

2006/06/12: エンジンストール及びハンチング発生

昨日スロットルポジションセンサーを交換して、これでバッチリのはずだったのだが、今日は自宅を出て、海岸線に出て南口入り口の信号待ちでアイドリングが350回転とかあり得ない数値になり、急遽戻ることにしたのだが、海岸線から入って一つ目の信号待ちでアイドリングを維持できずにエンジンストールしてしまった。そこからは信号待ちの度に同様にエンジンストールとなり、自宅そばの国1の交差点右折待ちではアクセルを少しあけてなんとかアイドリングを維持しなんとかガレージに戻ってきた。
ガレージに戻ってすぐにスロットルポジションセンサーをチェックするもおかしなところはなく、シックネスゲージをあてても調整位置に狂いはない。それならばとダイアグノーシスでチェックするも何もエラーが出ない。
おかしいなぁと改めてエンジン始動すると普通に700回転程でアイドリング。4000回転程までのレーシング、7000回転程までのレーシングとやってみても普通にアイドリングに落ち着く。
なんだったのかなぁと再びガレージを出て病院よこから国1にでて歩道橋まで踏んでみるがなんともない。左折して突き当たりまで踏んでみるもOK、しかしUターンして踏んで国1歩道橋下の右折待ちで1200回転あたりでの軽めのハンチングが発生しガレージに戻った。ガレージでハンチングしながらそのままエンジンを切らずにいるとアイドリングはまた正常にもどった。なんだろなぁと思いつつ、エンジンを切りダイアグノーシスでチェックするもまたも何もエラーが出ない。
う〜ん困った。

"スロットルポジションセンサー"に関連すると思われるアイテム


この日から前月の頭までの走行中の記録

From:2006-05-01 00:00:00 ~ To:2006-06-12 22:19:00 (by NP_WhatDidYouEat)


この日から前月の頭までのメンテナンス

From:2006-05-01 00:00:00 ~ To:2006-06-12 22:19:00 (by NP_WhatDidYouEat)


この日から前月の頭までの部品交換修理

From:2006-05-01 00:00:00 ~ To:2006-06-12 22:19:00 (by NP_WhatDidYouEat)



  
 
渋滞を認識した場合、自分のクルマが最後端である場合は、さらに自分の後ろのクルマが渋滞をキチンと認識し速度を落としたのを確認できるまでは前のクルマとの車間を十分にとるべき。そのようにしておけば、後ろのクルマが渋滞を認識せずに突っ込んできた場合等にも対処できる可能性が残せるし、万... 続きはこちら