| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

2005/03/08: レギュレーター動作とGSL394のバッテリー直駆動

昨日、第三京浜でGSL394をアイドリング設定2.5、純正ライン駆動なんてことをやってみたが途中途中でかぶるばかりで上までまわりやしなかったのだが、今日、西湘バイパス下りでだめもとでとGSL394をアイドリング設定2.0、走行時イニシャル2.6〜7でバッテリー直駆動してみたが、なんだか上でもしっかり燃圧もかかるし、いい感触だった。なんか要はレギュレーターの動作が不安定なだけなのか?、今迄使った中で上での燃圧が足らなかったことを除けば一番不快なところがなかったのはGSL393(160L/H)なのだが、この燃料ポンプのテストでは一切燃圧の設定を変更する等せずにいたのを思い出した。また泣きの一手でGSL393(160L/H)を改めてテストしてみようかと思う。

"レギュレーター動作とGSL394のバッテリー直駆動"に関連すると思われるアイテム

関連するアイテムはありません


この日から前月の頭までの走行中の記録

From:2005-02-01 00:00:00 ~ To:2005-03-08 14:50:00 (by NP_WhatDidYouEat)


この日から前月の頭までのメンテナンス

From:2005-02-01 00:00:00 ~ To:2005-03-08 14:50:00 (by NP_WhatDidYouEat)


この日から前月の頭までの部品交換修理

From:2005-02-01 00:00:00 ~ To:2005-03-08 14:50:00 (by NP_WhatDidYouEat)



  
 
なぜかというと西日をくらった状況では、前のクルマのシルエットがさらに前を走るクルマのシルエットと一体になってしまい位置関係がわからなくなる、テールが認識しづらくなり、車間距離がはかりづらくなるからである。西日の中なぜだか知らないがスモールつけてるクルマの少ない事少ない事。後ろ... 続きはこちら