| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

ギアレンチは正直長らくは小馬鹿にして使っていなかった。なーんか素人っぽいというか、まぁ素人だけど。オモチャっぽいというか、SIGNETのが今じゃ割と有名だけど、手は出さなかった。
で、スターターを外すのになんか都合のいい工具はないかと探して買ったのがショートフレックスのギアレンチ。これが便利なのね、ほんとに。で,次に買ったのが両端フレックスの12と14サイズのギアレンチ。これにTOPから出ているギアレンチ用のソケットアダプタをつければいろんなサイズのソケットレンチに大変身である。それからはあそこでもいいな、こっちでもいいなぁと割と出番の多い工具になってしまった。
ただ、持ってるのが少ないというのはあるのだが、12と14のサイズ、これだけあれば他のサイズのギアレンチはいらねーだろと思っている。ソケットアダプタつければどこでも使えるし使うソケットサイズも自由になる、これにエクステンションなんかつないでやれば車載の工具などにもぴったりだろう。何が良いかというとTOPから出ているギアレンチ用のソケットアダプタはSIGNETのが13mm接続なのに対し、TOPのは12mmのレンチにつけられ、3/8ソケット用と1/2ソケット用のがある。ただ、ソケットを入れる時もリリースボタンを押さないといけないのがちょっと面倒。
あとギアレンチ関係ではハーフムーン形状のギアレンチも良さそうだなぁと思う。



"ギアレンチとTOPのソケットアダプタ"に関連すると思われるアイテム

関連するアイテムはありません



  
 
前のクルマに前ならいして走行するクルマが多いが、直前のクルマの動きしか見えなくなってしまうのだから、こんなことやっててカマ掘っちゃうのは当然である。車線幅を有効に使って数台前の動きが見える位置に自分のクルマを走らせるべき。おかしなのになると、せっかくこっちがクルマ半身ずらして... 続きはこちら