| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

随分前にワールドインポートツールスで購入したエアコンプレッサー、自称2馬力だが、ほんとのところはよくわからない。馬力の算出にはなんかいろいろあるようで、アネスト岩田キャンベルオイル式エアコンプレッサーなんかは似たようなサイズだけれども1馬力となってる。おおざっぱにみると、輸入品やOEM品は馬力表示が高く、国産品は公称馬力がなぜか控えめのようにも見える。
で、このエアコンプレッサーで使ってるエアツールはエアインパクト、エアダスター、エアリューター、エアーソー程度だが,さすがにエアーソーやエアリューターを使ったときにはコンプレッサーはしばらくまわすと以後は回りっぱなしという状況になったが、それでも問題なく作業を終えることが出来たので結構問題なく色々使えるもんだなぁというのが感想。これにサブタンクかなんかプラスしてあげれば、素人の作業では大抵困ることはないのではないかなと思う。要はタンク容量なのかな。
でもまぁ、これがない頃は硬く締まったボルトやナットをレンチに鉄パイプでうりゃーっとやって、レンチを壊すならまだいいが、ボルトをボキッとやってしまう事が多かったのが、エアコンプレッサー買ってからは大物ボルトも心配なくいじれるし、買って損はないだろうなぁと思います。

AP エアコンプレッサー



"エアコンプレッサーとエアツール"に関連すると思われるアイテム

関連するアイテムはありません



  
 
なぜかというと西日をくらった状況では、前のクルマのシルエットがさらに前を走るクルマのシルエットと一体になってしまい位置関係がわからなくなる、テールが認識しづらくなり、車間距離がはかりづらくなるからである。西日の中なぜだか知らないがスモールつけてるクルマの少ない事少ない事。後ろ... 続きはこちら