| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

キャスター角度の調整をしたい。純正のテンションロッドで行う場合はロッドのナット位置を変更して、単純にテンションロッドの長さを変更するのだが、このナットが固着してるんだか噛み込んでいるのだかして硬い。もう随分前、15年程前にアライメント調整の元祖的存在の東京自動車エンジンでアライメント調整を行っていた際には鉄パイプでギィギィいわせながら調整していたのを思い出す。
なんとかもっとらくちんに調整できないかと考えたのだが、テンションロッドが短くなるような位置にナット位置を動かしておき、ピロカラーのようなものをロッドに通して初期位置(純正位置)を調整、キャスター角度を調整する場合にはこのカラーの厚み変更で調整するというのはどうだろうか。基本的には車高を落とした際に立ってしまったキャスター角度を寝かす方向に調整する場合が多いと思われるので、薄いカラーに変更してあげればテンションロッドの長さが短くなりキャスター角度をつけることができるようになるというわけだ。
この方法であればテンションロッドのナット位置を変更して行う方法よりもあらかじめカラーの厚みで変化するキャスター角度を想定し調整することが出来るので、ナットを回しすぎたとか微妙に戻してとかいうことがなくて良いのではないだろうかと思う。
こんな部品ないのかなと思ったら、厚みを変えて調整するという基本的な考え方は同じの「ハンドリング向上シムキット」というのが、すじがね君でおなじみのマルシェから発売されていた。

キャスター角度を調整できるパーツとしては、ターンバックル式の調整機構のついたピロボールテンションロッドや、あるいは、キャンバー角調整に加えてキャスター角度も同様に調整できるピロボールアッパーマウントが一部の車種用にリリースされている。
ピロボールテンションロッドの場合、ジャッキアップやスタンドにのせる等の必要が出てくるが、キャスター調整機構付きのピロボールアッパーマウントであれば、ボンネットを開ければ作業できるので地面にクルマをおいたままで可能だ。既存のピロアッパーマウントにスペース的な余裕があれば、金属加工に出す等してキャスター調整機構付きにカスタムすることも案外安価に可能かもしれないなと思う。

参考
アイワークス
HKS 2WAY ピロアッパーマウント

こちらのページにサスペンションに関するオススメ本をまとめてみました。ぜひ読んでみて下さい。

"キャスター角度の調整"に関連すると思われるアイテム



  
 
なぜ、どうしてバイクは何のためらいもなくハイビームを常用するのか、これもうほんとに謎です。 単車乗りの方のウェブサイトでハイビーム常用の是非を扱っていたところがあったが、そこでみられたハイビーム常用の理屈の多くが「ハイビームにしていないとクルマに認識されにくいから」というもの... 続きはこちら