| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

SW20用ショック利用のページでも書いたが、AW11型のMR2のリアショックも純正ビルシュタイン装着車をのぞいてカートリッジ式になっており、Z10系ソアラのフロントショックアブソーバーと比べてボディサイズが短いだけで取付け形状は同じである。AW11の車重を見ても、後軸重は650kgとなかなかあんばいのいい数値である。
現物がないので未確認だが、AW11用ショックのボディサイズは345mmらしい。SW20用に比べて短いのだが、AW11用ショックを使う場合はストラットケースの底にスペーサーを入れて使うことにし、ここではショックアブソーバーのボディサイズを360mmとする。
ストラットケースを360mmで制作することにより、底にスペーサーを使わずに入れ、カートリッジアッパー側にスペーサーを使うようにすれば、SW20:TRD:48531-SW282(5調)と同等の157mmのストロークとすることもできる。セット例の各[ ]内数値はこの場合の計算例、残りストロークは10mm減少し、ダウン量は10mm増加となる。

なお、バネ上荷重は320kgとして計算しているとともに、以下のセット例はすべてKYBのNSC4074SSP4074)のサイズをベースにしているが、あくまでもサイズマッチングであって、バネレートに適正なショックアブソーバーということと必ずしもイコールではなく、ヘルパー装着時は各ストロークやダウン量も変化するので注意すること。

●AW11:NSC4074(SSP4074):529-362=167 / 5kgメイン / (ヘルパー併用)

5kgスプリングを使った場合、1Gダウン量は64mm、1G時のショックアブソーバーの残りストロークは103mm。遊びなしで組んだ場合のセット長は463mmとなり、5.7cm(57mm)ダウンとなる。[ 93mm/6.7cmダウン ]

●AW11:NSC4074(SSP4074):529-362=167 / 6kgメイン / ヘルパー併用

6kgスプリングを使った場合、1Gダウン量は53mm、1G時のショックアブソーバーの残りストロークは 114mm。遊びなしで組んだ場合のセット長は474mmとなり、4.6cm(46mm)ダウンとなる。[ 104mm/5.6cmダウン ]

●AW11:NSC4074(SSP4074):529-362=167 / 7kgメイン / ヘルパー併用

7kgスプリングを使った場合、1Gダウン量は45.7mm、1G時のショックアブソーバーの残りストロークは121.3mm。遊びなしで組んだ場合のセット長は481.3mmとなり、3.9cm(38.7mm)ダウンとなる。[ 111.3mm/4.9cmダウン ]

●AW11:NSC4074(SSP4074):529-362=167 / 9kgメイン / ヘルパー併用

9kgスプリングを使った場合、1Gダウン量は35.5mm、1G時のショックアブソーバーの残りストロークは131.5mm。遊びなしで組んだ場合のセット長は491.5mmとなり、2.9cm(28.5mm)ダウンとなる。[ 121.5mm/3.9cmダウン ]

●AW11:NSC4074(SSP4074):529-362=167 / 10kgメイン / ヘルパー併用

10kgスプリングを使った場合、1Gダウン量は32mm、1G時のショックアブソーバーの残りストロークは135mm。遊びなしで組んだ場合のセット長は495mmとなり、2.5cm(25mm)ダウンとなる。[ 125mm/3.5cmダウン ]

●AW11:NSC4074(SSP4074):529-362=167 / 12kgメイン / ヘルパー併用

12kgスプリングを使った場合、1Gダウン量は26.7mm、1G時のショックアブソーバーの残りストロークは140.3mm。遊びなしで組んだ場合のセット長は500.3mmとなり、2.0cm(19.7mm)ダウンとなる。[ 130.3mm/3.0cmダウン ]

●AW11:NSC4074(SSP4074):529-362=167 / 14kgメイン / ヘルパー併用

14kgスプリングを使った場合、1Gダウン量は22.8mm、1G時のショックアブソーバーの残りストロークは144.2mm。遊びなしで組んだ場合のセット長は504.2mmとなり、1.6cm(15.8mm)ダウンとなる。[ 134.2mm/2.6cmダウン ]

"車高調整式"に関連すると思われるアイテム



  
 
前のクルマに前ならいして走行するクルマが多いが、直前のクルマの動きしか見えなくなってしまうのだから、こんなことやっててカマ掘っちゃうのは当然である。車線幅を有効に使って数台前の動きが見える位置に自分のクルマを走らせるべき。おかしなのになると、せっかくこっちがクルマ半身ずらして... 続きはこちら