| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

ヤフオクで出品されているZ10系ソアラ用ウレタン強化テンションロッドブッシュだが、交換を始めて気がついたのだが、サイズが全く異なるので、純正カラーを利用しては使用できない。
以下のサイズ一覧を見ていただければわかるように、ウレタンブッシュの内径(17.3mm)と純正ブッシュカラーの外径(19.5mm)が大きく異なっており、カラーをブッシュに挿入することが出来ませんし、圧入というレベルでもないと思われます。
実際、ウレタンブッシュにカラーを入れようと万力にかけたが、無理だった。

ウレタンブッシュ内径:17.3mm 外径:50.7mm

純正ブッシュ内径:20mm 外径:46.6~46.7mm(2004/12交換品)
純正ブッシュカラー内径:16.2mm 外径:19.5mm
テンションロッド外径16mm

これは送付間違いか、制作サイズを間違えているのではとメーカーに問い合わせると、「当方のブッシュは金属カラーを使用しない前提で製作しております」とご返信を頂いてしまった。

ん〜、なんでわざわざカラーを利用しない前提で制作されたのか、私には理解できません。
その他のメーカーのウレタンブッシュについてもわからないが、カラーを使用しないでテンションロッドに直接ブッシュを通して使うとなると、テンションロッドが直接ブラケットを通ることになり、走行時にはテンションロッドがブラケットと接触することも容易に考えられ、そうなるとテンションロッドを当然傷めてしまうだろうし、最悪破断なんてことも発生しかねないと思われる。それに「カラーを使わないで使用する前提で制作」という割には、ウレタンブッシュの内径がテンションロッド外径に比べて大きすぎる。というわけでこのヤフオクのウレタンブッシュは返品させていただくことになった。
余計なことは考えたくないが、どっかのトンチンカンが劣化したブッシュをサンプルにサイズを計測し、ワンオフ制作依頼してできあがってしまった製品なのではないかなとも考えてしまう。純正カラーを使用しないでつかうという選択を素直に受け入れたユーザーも実際いるのだろうが、私はとてもじゃないが危なっかしくて使う気になれない。
また、これでは単に企画もののウレタン丸棒をちょんちょんと輪切りにしたのと変わらない。これなら「ウレタン丸棒」で検索すればいくらでも見つかりますし、多くのユーザーはきちんと制作されたものを望んでいるはず。
どうにかしてこのウレタンブッシュを使いたいというのであれば、このウレタンブッシュの内径に合うカラーを見つけるか、ウレタンブッシュの内径を広げて純正カラーを使用できるようにするか、といったことが必要になると思われます。
残念ながら私の指摘後もこの業者様の商品の説明には現時点ではなんら修正がされていないので、購入を検討している方は十分に問い合わせしてみることをおすすめします。

"テンションロッド"に関連すると思われるアイテム



  
 
前のクルマに前ならいして走行するクルマが多いが、直前のクルマの動きしか見えなくなってしまうのだから、こんなことやっててカマ掘っちゃうのは当然である。車線幅を有効に使って数台前の動きが見える位置に自分のクルマを走らせるべき。おかしなのになると、せっかくこっちがクルマ半身ずらして... 続きはこちら