| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

とても好感触だったにもかかわらずなぜか各ショップでの取り扱いが突然無くなってしまった進化剤ZEEK。
進化剤ZEEKを大絶賛して販促をかけていたショップでさえ、メタライザーに切り替える等の処置をとり、もう進化剤は忘れてくださいというような雰囲気の中消えてしまったのだが、ここのきて、ようやく進化剤ZEEKと同等品らしきものを見つけた。
それがこのNanoWorks A-1(ナノワークス)
色は間違いなく進化剤の色である。販売店の広告にみられるアテネオリンピック自転車競技メダリストの長塚選手の自転車にも使用という宣伝文句まで同じ。
しかも、発明者の身元が早大理工総研所長の浜義昌氏と確かであり、国際特許申請も行われているといった、進化剤ZEEKにあった業者の住所もわからないというような怪しさが解消されているところがありがたい。
現在このナノワークスを扱っているところはいくつか見つかるが、こちらのガレージサンというチェロキー専門店では国産特許の出願証のようなものを見る事が出来る。

で、このNanoWorks A-1(ナノワークス)だが、販売店によると早稲田大学理工学総合研究センターが6年前から研究開発をし、天然素材をナノ化し、エンジンオイルに混合させたものだそうで、金属面に入って合金化することで微細に凹凸になっている金属面が徐々に滑らかになり、エンジンの始動がスムーズになり更には燃費が10%〜最大35%アップすることが試験の結果として出ているのだそうだ。
また、ガソリンの燃焼効率がよくなる為、不完全燃焼物や一酸化炭素、二酸化炭素の排出量を約50%削減。地球環境にも非常に優しい商品とも書かれている。それと、かつての進化剤ZEEKと異なるのは、エンジンオイル用の他にミッション用、デフ用などと利用箇所別に商品が別に用意されている事である。もっとも現在のFZ-01のほうもエンジン用とミッション用は分かれているので、この相違点は問題ない。

ちなみに、進化剤の共通の宣伝文句だったこのアテネオリンピック自転車競技うんぬんというのは進化剤アヴァロンという、これまたいまもあるのかないのかはっきりしない進化剤ZEEKの双子商品のパンフレットにもともと掲載されていたもので、進化剤アヴァロンのパンフレットには顔写真入りでコメントが掲載されている。


さて、モノも届いた事だしさっそく利用テストといきたいところなのだが、ついこないだエンジンオイルを交換したばかりでもあり、また最近ステンメッシュホースを交換したおかげかオイル減少が治まっており、ナノワークスをテストするのはちょっとさきになりそうである。

ナノワークス

最終更新日時:2006-08-21 12:40:20

"進化剤ZEEK"に関連すると思われるアイテム



  
 
なぜかというと西日をくらった状況では、前のクルマのシルエットがさらに前を走るクルマのシルエットと一体になってしまい位置関係がわからなくなる、テールが認識しづらくなり、車間距離がはかりづらくなるからである。西日の中なぜだか知らないがスモールつけてるクルマの少ない事少ない事。後ろ... 続きはこちら