| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

Archives of MAINTENANCE

メンテナンスおよび修理記録、純正交換部品などの品番

You are currently viewing archive for August 2010

2010/08/29: ECU交換

アイドリング低下の修理としてECUを交換した。
追加基盤もない普通のECUだが、内部のコンデンサーは以前に自分で交換してある。
AT用とMT用と二つあったのだが、交換したのはMT用。とりあえず現行のECUからMT用ECUに交換してエンジン始動するとハンチング、以前にさんざん悩まされたハンチングの再発にげんなりしたが、気のせいだろとさっさと外して今度はAT用に交換、するとまたいきなりハンチング、ひー、なんでだ?。エンジンを切り冷静になりしょうがないので電圧でも測ってみようと再度エンジンをかけるとハンチングは治まって普通にアイドリングしている。ちょっとアイドリング低めだがハンチングもないし交換前の低さと比べたらまともだったのでぐるっと一周、これで様子を見ても良かったのだが、MT用ECUにもう一度交換してみた。するとこれもハンチングもなく普通にアイドリングしている。回転数も700回転程と良好。とりあえずはECU修理まではこれで様子を見ようと思う。

» 続きはこちら

先日実験でつけたフランジサイレンサーを取り外すとともに、キャタライザ前後のガスケットを交換した。各フランジ面にはいつも通りパーマテックスの液体ガスケットのウルトラカッパーを塗布し、ガスケットを入れた。このウルトラカッパーを使うようになってからフランジ部分での排気漏れはほぼ無い。何とも地味な部分だが、ガスケットが痩せるのかなんか音が・・というときに交換してやるとマフラーの音が締まる。このマフラーは一本ものなのでフランジがあるのはこの触媒との接続のみだが、2分割、3分割のマフラー等は定期的に交換してあげると良いのではないかと思う。

まだ明るいがクルマの下での作業はちょっと暗かったので、こないだアストロプロダクツでキャンペーンで安くなってたので買ったLEDライトを使ってみた。けっこう使える。磁石でもひっかけてもどちらでもOK。

LEDが72個付いたワークライト!AP 72LED ワークライト

パーマテックス液状ガスケット ウルトラカッパー

ブーストコントローラーのソレノイドバルブに繋がる配線が断線、ソレノイドバルブのユニット内部で断線し開けるのもやっかいなのでソレノイドバルブのユニットを外し、ブーストコントロール機能をなくした。そもそもマフラーを今のにしたときからブーストコントローラーがオフでも1.1キロとかばんばん掛かってしまっていたのでVVCなくても同じじゃないかと、いい機会なのでタービンとアクチュエーターを純正同様に配管する。
交換作業はべつにコツも何もないところなので書き留めておくところもないのだが、古いシリコンホースは抜こうとひっぱったら途中でズボッとちぎれた。硬くなってたとか、引っ掛けたということもなかったのだが、ぶちっとちぎれた。黄色いシリコンホースが交換したホース。もっと渋めの色のホースがよいのだが手持ちの在庫が紫と黄色、うーんと悩んだ末に黄色にした。
別に何ともないのでまだまだ交換しないでもいいのだけれども、あんまり暑くてこう暑いとクルマいじるにも腰据えていじれないので、エンジンオイルの交換でもしてしてみるかとやってみた。今回はオイルフィルターも交換した。
交換したエンジンオイルは前回と同じトヨタ純正キャッスル10W−30、フィルターは日曜だったのでユニディーで買ってきた。気のせいか季節のせいかしらないが、前に入れてたトヨタ純正キャッスル5W−30よりもこの10W−30の方があったまってからのアイドリング時の油圧が低くでることが多い。季節か、気のせいか。