| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

2011/12/13: オイルキャッチタンクからのブローバイのインテーク戻し

なんだかんだと後回しにしてきてたオイルキャッチタンクからのブローバイのインテーク戻し作業を行った。キレイに取り回そうとか色々考えてたら時間が過ぎてた。さて、車検もすぐそばなのでスペクター バキュームホース/センサーアダプターキットなんて言うものを使いちゃちゃっとやった。インテークパイプにホールソーで22mm径の穴をあけそこにきっとに含まれているグロメットを入れホース口部品をぐいっとさしこめば完成である。簡単と言えば簡単。
ホールソーでの穴あけは初めて、ホールソーにはガイド役のセンタードリルがあるが、パイプへの穴あけではホールソー外周歯がさきにあたるところとあたらないところが出る、下手したら歯がはじかれてパイプがよれよれがたがたになってしまうのではと思い、手頃な丸太をあらかじめ中に仕込んでおいた。ちなみにホールソーは高いのを使った。もう千円安いのもあったがここで失敗しては逆に高くつくと思い高いホールソーを使った。
スペクター バキュームホース/センサーアダプターキットの9713は12、14、17の3種類のセットで、グロメットは内径12と14がつく。17用に14mmのグロメットがつかわれ、12、14用に内径12mmのグロメットが使われる。
スペクター バキュームホース/センサーアダプターキットには他に5、8、10(3種類)/グロメット内径12mmの9712、19、25(2種類)/グロメット内径14mmの9714があるが、グロメットを入れるための穴は3/4”(19.1mm)か7/8”(22.2mm)となっており、接続するホース内径とは大きく穴のサイズが異なってしまうので、のちのち溶接でやり直したいという場合は注意した方がいいだろう。

戻しラインはこのようにしたが、現状ではオイルキャッチタンクは必須ではないので、また後日オイルキャッチタンクを撤去し、エンジンからクランクケース内圧コントロールバルブを介して最短距離でインテークにつなげようと考えている。

"オイルキャッチタンクからのブローバイのインテーク戻し"に関連すると思われるアイテム

関連するアイテムはありません



  
 
なぜ、どうしてバイクは何のためらいもなくハイビームを常用するのか、これもうほんとに謎です。 単車乗りの方のウェブサイトでハイビーム常用の是非を扱っていたところがあったが、そこでみられたハイビーム常用の理屈の多くが「ハイビームにしていないとクルマに認識されにくいから」というもの... 続きはこちら