| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

2009/10/25: ヒーターバルブのコネクタ配線をハンダ処理

ずっと以前にうっかりちぎってしまったヒーターバルブのコネクタからでる配線を端子直下から被服を剥き車両側配線とハンダ付けでつないだ。
配線色は青地に黄線と青地に白線だが、この先は水温センサーだしどっちでも問題ないだろうと配線図をチェックせずに端子を入れてしまった。まぁ問題ないだろう。
暗くなりナイター作業となり、照明の関係で画像ではコネクタが薄茶色に写ってしまっているが実際はブルー。ヒーターバルブへいく配線の状態はかなり硬くなっているところがあるので今後注意しておきたい。
あと、このコネクタを外している状態では油圧ファンの回転がおかしく、水温が低いのにがんがん回るとかおかしな状態になっていた。この点も一息ついたら再度チェックしたいところである。

"ヒーターバルブのコネクタ配線をハンダ処理"に関連すると思われるアイテム

関連するアイテムはありません



  
 
前のクルマに前ならいして走行するクルマが多いが、直前のクルマの動きしか見えなくなってしまうのだから、こんなことやっててカマ掘っちゃうのは当然である。車線幅を有効に使って数台前の動きが見える位置に自分のクルマを走らせるべき。おかしなのになると、せっかくこっちがクルマ半身ずらして... 続きはこちら