| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

2007/12/02: クラッチフルード交換

ここのところガレージを出てしばらくするともうクラッチのポイントが奥いっぱいになってしまうようになっていた。まーだクラッチレリーズシリンダーが壊れるには早すぎるし、クラッチフルードは漏れてるわけでもないしということでクラッチフルードを交換した。
さいわいフルードの交換後はつながる切れるといったポイントも元に戻ってくれた。

"クラッチフルード交換"に関連すると思われるアイテム



  
 
AT車は交通量の多い所を走る時はオーバードライブをオフにするべき。大半のAT車のドライバーはドライブに入れっぱなしでオーバードライブも常にオンにしてる。そもそもオーバードライブのスイッチすらわかっていない方が多い。こうなると、アクセルを抜いてもエンジンブレーキがあまりかからず、意... 続きはこちら