| ATOM   | twitter Twitter | facebook Facebook |

2009/10/25: プラグが折れてたので交換

先週エンジンはめでたくかかったがなんか1気筒死んでるような感じ、導通検査の際にダイレクトイグニッションのカプラを一つはめ忘れたかなと思いを巡らせ1週間、今日開けてみたら、プラグが折れていた。
カプラがはまっているのを見て、あれはまってる、うわなんだかめんどうなことになってるかなぁと、気持ちぐったりしながらダイレクトイグニッションを外してみて、プラグが折れているのに気がついたというわけだ。
ここは2番(?、フロントから2番目)だが、確かに前回これを外した際になんかはまりが悪くやり直したのだが、まさかプラグを折ってしまっているとは思わなかった。いやー案外ぽっきり折れるものなのだなぁ。
というわけで1本のみ予備のプラグと交換した。プラグは同じIK24で、これは8番相当、デンソーのイリジウムパワー品番でいうと7番相当はIK22、純正品番の6番相当はIK20となる。イリジウムタフ品番となるとアルファベットの部分がVKとなる。

しかしいつもながら1JZエンジンのプラグホールにはなんだか細かなゴミがたまる、きちんと純正のプラグカバーもつけててもこれだ。ハーネスのちぎれたカスだったり、どこからやってきたのか細かな石ころだったり、プラグ交換にはエアダスターでプシューッとやるのは欠かせない。
あと、とりあえずどうでもいいが、この二つのプラグホール間にあるメクラ蓋の先には何があるのだろうか?。

デンソーイリジウムプラグ IK24(8番相当)

"プラグが折れてたので交換"に関連すると思われるアイテム

関連するアイテムはありません



  
 
渋滞を認識した場合、自分のクルマが最後端である場合は、さらに自分の後ろのクルマが渋滞をキチンと認識し速度を落としたのを確認できるまでは前のクルマとの車間を十分にとるべき。そのようにしておけば、後ろのクルマが渋滞を認識せずに突っ込んできた場合等にも対処できる可能性が残せるし、万... 続きはこちら